11月6日(火)青山学院初等部の合格報告が届きました。

2018-11-06

今日は11月6日(火)

 

新年少・年中クラスの授業は本日から始まりました。毎年の事ですが、頭の中の時計を一年戻さなくてはならないのは幼児教室の宿命です。しかしながら、合否の報告を耳にしたり、明日の暁星幼稚園や雙葉幼稚園、小学校では成城学園、幼稚舎などの対策も続けながらです。通常の時期同様とは言えませんが、明日は、新年長の指導も始まりますから、切り替えなければいけません。

 

さて、今日は青山学院初等部の複数合格報告がありました。もちろん残念な報告もありました。受験に100%はありませんから不合格の結果報告を教師側も受け止めなくてはなりません。その辛さはご両親の方が何倍も大きいのですから…

 

今年の青山学院個別考査の出題から感じるのは、難度が上がっていることです、前校長時代から難度が上がった立教小学校の行動観察と同様に、ペーパー出題校でも力量を発揮できる子供でないと結果を出せない内容であり、量も多く速度も必要です。

 

実際合格結果を得た子供は、他の人気校でも合格結果を出していますし、近年高学年の学習内容が高度になってきた影響もあるように感じます。元々保護者属性の一致と親力の高さも必要な附属小ですから、男子の受験者数減少傾向であっても楽に合格を得られる附属小ではないと思います。

 

明日から成城学園の考査が三日間続きます。9日からは慶應横浜初等部の一次です。考査に臨むご家庭の奮闘を期待しています。受験も中盤戦が過ぎて終盤戦に入ります。幼稚園は日本女子大豊明、雙葉、田園雙葉の発表、青山学院の両親面接もまだ残っています。

 

まだまだドラマは続きます…

 

 

        麹町慶進会 塾長 島村 美輝  
102-0084東京都千代田区二番町92日興ロイヤルパスB1
     Tel 03-3265-7774 / Fax 03-3230-4737

     http://www.keishinkai.ne.jp/