サマースクール情報 沢山の方々からアクセスを頂きました。心から感謝しております。

2019-08-05

平成30年度のサマースクールでは、一日のアクセス数が15,000を越えたのは三日目でしたが、令和元年は二日目でした。

 

一家の大切な子供が山中湖でどのように過ごしているのか?

 

その思いに応えるべく、那須から山中湖に場所変更した年から続けてきたサマースクール情報ですが、ご両親や、ご親族が大半だと思いますが、どのようなチェックをされていたのか、私には想像もつきません。

 

ただ通常1,000~2,000アクセスが平均の私のブログのアクセス数が、急に跳ね上がるのですから関心度が高く、「子供はどんな様子でしょうか?」のお問合せの電話を一本も頂かない理由になっているのだと思います。

 

参加者の保護者や親族以外の、一般の方もご覧になっているので、子供達の表情をご覧頂けないのは本当に残念ですが、後ろ姿などから彼らの気持ちを感じ取って頂ければなぁと思います。

 

でも大切なのは写真ではなく、帰ってからの子供達の人的成長や、今まで見せたことのない行動や他者との関わり方等々です。

 

宿泊生活で見せた本性や行動面の特徴は、両親から一週間離れた事により内から外に出てきたものであり、平常時にありえない親不在の集団生活の特殊な環境に置かれたからこそのものです。

 

これは本性であり、一生変わるものでないその子供(人)特有のものです。恐らく修羅場的環境に置かれた時に見せる顔であり行動です。

 

3歳以降の幼稚園や保育園、そして小学校以降の教育環境や、その他の活動の場の人的影響により、生き方を学び表面上の姿は変化していきますが、本性は永久に変わらないものだからこそ、両親はそれを知っておくべきものです。

 

「家では見せないのですが…」は、よく聞く親の発言ですが、幼稚園や小学校受験の受験では、考査を通じて見せた外面的様子や能力で子供を選ぶのですから、子供にとっては考査会場という不慣れな場と人に対して出してしまう姿を、サマースクールの結果表やその後の担当教師から確認してください。

 

聞く耳を持ち、「家では…」との対比を受け入れ、どのように子供と関わっていったら良いのかの学びが、今後の子育てや、受験準備に役立てて下さい。

 

それが賢明な保護者のすべきことだと私は思っています。

 

最後にブログの確認だけでなく、数多くの差し入れを届けて頂いたご両親やご親族の皆様に

心から感謝申し上げたいと思います。

 

教師一同心から御礼申し上げます。

 

2019年度 小学校受験模擬テスト(全6回)
2019年度2・3歳児発達診断テスト受付中 

2019年度 夏期講習案内

HP塾長カウンセリングご案内

 

 

        麹町慶進会 塾長 島村 美輝         
〒102-0084東京都千代田区二番町9-2日興ロイヤルパレスB1
     Tel 03-3265-7774 / Fax 03-3230-4737
         http://www.keishinkai.ne.jp/