幼稚園・小学校受験のmanagement87 『小学校受験準備ならではの大切な経験…相談』

幼稚園・小学校受験のmanagement87 『小学校受験準備ならではの大切な経験…相談』

 

小学校受験準備だからこその学びに「相談」があります。

 

社会に出ると、ディスカッションやディベートの機会は数多くありますが、幼児期から経験を積み重ることが大切です。私の教室では、通常授業、講習、そして模擬テストのような機会を通じて経験を積ませます。

 

相手の意見や考えを聞き、考えを述べる事がなぜ必要なのかを理解させるために…

「テーマを与え」⇒「相談をさせ」⇒「決定した通りに行ってみる」⇒「結果の是非を確認する」⇒「その結果について話し合う」 

 

以上の実践経験を数多く積ませることで、相談することが如何に有意義なことであるかを理解させます。自分にとって都合の良い方向に向かわせる為に、自己主張をするだけでは前に進まないことを学ばせるのです。

 

【具体例】

教師が課題を与えた後、小集団に分かれて相談をする。(課題によって人数の違いがある)

 

・グループの名前を決める。

・何を制作(描く)かを決める。

・何の劇をするかを決める。

・お菓子などを、どのように分配するかを決める。等々

 

 

リーダータイプに見えても、実は我の強さで自己主張をしているだけの子供も多く、それをリーダーシップと思い込む保護者もよく見かけます。

 

静かに聞いているだけの子供に見えても、良きタイミングで貴重な意見を言える子供の価値は高く、そこもご両親が観察の上で理解すべき点だと思います。

 

幼児教室の指導は、合格させる為の教育ではなく、入学後の高い要求に応え、生涯の友を作り、忘れえない故郷を得る為に必要な準備をする為の学びです。

 

だからこそ「相談」の場数を踏ませるのです。

 

入学後の六年間を生涯忘れない時にして欲しいと願うからこそ、今日も子供たちと向き合うのです。

 

 

 

 

コージアトリエ『ご家族で取り組むお受験スタイル』 - YouTube

 

 

 




 


 

関連記事

  1. 三月の体験指導予約・塾長カウンセリング予約状況です

  2. 今日の年中クラスの一コマ「平均台の上で六色三体の立方体を積む…

  3. 10月26日(月)洗足学園小学校の合格報告がありました。

  4. 12月4日(日)「第1回新年長児発達診断テスト」終了です。

  5. 渡航前にやっておきたい4つの安全対策-政府広報: PR

  6. 2019年度小学校受験準備模擬全6回(総合回・特別回)案内書…