平成30年度の附属幼・小受験を振り返る…part5暁星幼稚園篇①

【平成30年度の附属幼・小受験を振り返る…part5暁星幼稚園篇①】

 

「幼稚園受験の結果を振り返って⑷ 暁星幼稚園篇①」

 

part3・4では、日本女子大学附属豊明幼稚園の受験について振り返りました。今回はカソリックの男子校附属幼稚園…暁星幼稚園(二保)の受験について述べてみましょう。

戦後の附属幼・小受験の歴史に於いて、数少ない男子校の附属幼・小として高い人気を維持してきた暁星ですが、現在三十歳以上の年齢となった出身者の家庭の職業が、商人や経営者中心であったことは、類似の職業層であった白百合学園同様あまり知られていませんでした。

 

現在では青山学院等に場を移しましたが、歌舞伎界などの伝統芸能家系の子供にとっても居心地の良い附属幼小でした。お伝幼少期から稽古や舞台公演がある為に、学業中心の生活を通しにくい伝統芸能家系の子供でも、義務教育の期間は通い続けられる場として暁星附属は貴重な存在であったと思います。

 

暁星が「キリスト教」「フランス語」「サッカー」を柱としていた時代は、「カソリック信者」「商人」「法人経営」「開業医」「伝統芸能家系」etcの家庭が共存し、生徒達は文武両道の伸び伸びとした校風を謳歌していました。

大学卒業後も多趣味で社交性豊かな男性として、自身の望む職業や人生を歩み続ける姿には、恵まれた家庭で育った男子特有の大らかな姿がありました。

 

現在では、伝統芸能家庭はもちろん、経営者や商人の家庭は極めて少数となり、総合病院の勤務医や大手法人勤務のご家庭が暁星附属幼小の主体となりました。同様の変化があった白百合同様、幼稚園でさえも受験の話題が中心の保護者層の附属幼稚園になったと言えるでしょう。

子供より親に対して厳しい幼稚園として知られており、素はやんちゃでも、注意されずとも切り替えの出来る子供に成長させられる母親としての学びの多い幼稚園であることは間違いありません。

 

暁星の象徴である校内のマリア像は、暁星の変遷をどのような思いで見つめてきたのでしょう…

 

part6では、平成30年度受験を通じて感じた、暁星幼稚園の考査や選びについて述べましょう。

 

                                     part6に続く 
 

 

 

塾長カウンセリングご案内  

思考力upの為のペーパー指導のツボ⑴
小学校受験のペーパー教材を用いて、お子様の思考力を伸ばすために、 ご家庭でお母さんが、どのように指導すればよいかについて講義させていただきます。      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタッフ募集  

 

        麹町慶進会 塾長 島村 美輝         
〒102-0084東京都千代田区二番町9-2日興ロイヤルパレスB1
     Tel 03-3265-7774 / Fax 03-3230-4737
         
http://www.keishinkai.ne.jp/

 

 

関連記事

  1. 小学校受験合格の近道 山中湖サマースクール「五日目 年長児が…

  2. 最年少クラス(三年保育幼稚園受験準備)の体験授業参加をお考え…

  3. 10月26日(月)洗足学園小学校の合格報告がありました。

  4. 11月3日(火)聖心女子学院初等科の複数合格報告を頂きました…

  5. 令和元年 サマースクール 4日目 「朝食前 みんなキビキビ …

  6. 12月17日(土)筑波大学附属小の第三次選考(抽選)合格の報…