6月に入っても一日体験は続きます。

今日は年少クラスの体験者がいます。

5月は体験者数が10名を超え、50~60名程度で満席の教室としては十分すぎる人数でした。

6月も二週目までに既に予約が4名…次年度受験を目指す家庭以外は、両親と子供両方に十分な準備をして頂くためにぎりぎりの時期の体験です。


もちろん、他の教室で準備履歴を持つ家庭も含みますが、一からやり直す方が早道と感じるケースも多々あります。


それ以上に、「附属の幼稚園や小学校の親になる覚悟不足」や、全国の小学校総数の1%にすぎない私立附属小や、附属に幼稚園から通わせる意味を理解しないまま準備を進めた為の「歪な子育

や親の準備」も気になるところであり、あと数か月早く体験されていれば…と感じることも多々あります。


早生まれに下駄をはかせることもない幼児期の受験ですが、だからといって早生まれが全く勝負できないわけではなく、どのような条件にあっても、細やかに手を入れた事を感じる子育ての結果は「保護者の親力の証」であることは間違いがなく、準備期間の差より「子供との向き合い方と腹の据わり方」に一本筋が通ったご両親との出会いを楽しみに体験予約を受けています。
















        麹町慶進会 塾長 島村 美輝   

102-0084東京都千代田区二番町92日興ロイヤルパレスB1
     Tel 03-3265-7774 / Fax 03-3230-4737
                                              

      http://www.keishinkai.ne.jp/


関連記事

  1. 平成30年1月6日(土)年長クラス 本日スタートです。par…

  2. 「平成25年度(昨年度) 山中湖サマースクールの思い出」を発…

  3. 令和二年度幼・小受験準備 第三回塾長セミナー、お申込みの皆…

  4. 平成30年度の附属幼・小受験を振り返る…part6暁星幼稚園…

  5. 立教生が新座中進学、青山学院初等部生二名が外部中学進学の報告…

  6. 年中・年長児対象 6泊7日の「山中湖サマースクール」七日目「…