青山学院初等部  両親面接継続中

今日は平成28年10月20日(木)です。

 

年長クラスの指導も、29日(土)の卒業式の日まで残すところ5回だけとなりました。22日(土)の授業からは、朝10時から16時までの毎回6時間指導となります。


さて、先週から青山学院初等部の面接が続いています。先ずは男子の保護者からの面接から始まり、10月末から11月にかけて女子の保護者面接を行うのが定番ですが、今年も変更は無いようですね。


部長先生、宗教主任、女性教師、男性教師の四名で面接を行い、部長先生以外の三名が主に質問をされるのも例年同様です。


青山学院初等部の面接は、一に願書ありきの質問内容が定番で、返答を受けての質問も多く、典型的な「対話型面接」です。


これまで確認している本年度の対話内容からも、平均10分程度の時間を通じて、「特徴的記述」や「気になる点」、「抽象的表現」の記述に対して掘り下げようとする意識を感じ、夫婦や家庭の真実の姿を読み取る為に真摯に両親と向かい合う面接を続けています。


長々と返答さえしなければ、20近くの質問をされる事も珍しくなく、後で振り返った時に「質問に対して的確な返答をしていたか?」「もっとよき返答があったのではないか?」と発言内容に対して思い悩む方が多いのですが、最も大切なのは先生方との相性や学校の空気感との合致に尽きるように私は思います。




青山学院初等部の面接

 

 

        麹町慶進会 塾長 島村 美輝  
102-0084東京都千代田区二番町92日興ロイヤルパスB1
     Tel 03-3265-7774 / Fax 03-3230-4737
                                              

     http://www.keishinkai.ne.jp/







関連記事

  1. 開智小学校(総合部)の合格報告がありました。

  2. 慶進会の保護者同士や先生との関係はどうですか?

  3. 小学校受験 年長クラス「今日の発表」

  4. 夏の成長に向けて part15 寺子屋スクール2日目①

  5. 桐朋幼稚園の「両親面接をzoomに変更の可能性」に伴う親の新…

  6. 年長クラスの一コマ 節分の絵を描く&バレンタインパーティ