志望校・志望園の絞り込み方について(8)子供基準で絞り込む 幼稚園篇③共学と別学

前回は、親の属性と子供の育ちの適性からミッション系附属幼稚園を考えてみました。今回は共学と別学の選択について考えてみましょう。


男子校、女子校という経験のない公立育ちにとって、異性が共存していない別学は、違和感があるというより「経験がない為に想像がつかない」という感じ方の方が正解だと思います。


でも、中学~大学で別学に通われた私立附属経験者は結構いると思います。中学以降の学校は、最終学歴選択やどのような職に就くかを見極める場であり、クラブ活動などに夢中になる場でもあります。


男子校、女子校は学内で異性を意識することもないのでのびのびでき、わき目もふらずその目的達成に向かうことが可能です。また、学内に留まらず異性のいる他の学校の生徒との交流を求め、幅広い文化に触れる機会を得るというメリットがあります。


それでは幼稚園や小学校が別学なのはどうなのでしょう。人生の初期段階はやはり共学の方が自然ではないのか…と考える方が多いのは、無理のない事だと思います。


でも、私立附属幼稚園や小学校の存在価値をあらためて考えてみてください。


ミッション系附属ならば、宗教教育を通じて自身の人間性の基盤を作る場です。

無宗教系附属ならば、創立者の理念を基にした学びを通じて基盤を作る場です。


その目的に向けて敢えて附属幼小を選択したのです。小学校高学年から芽生えていく異性に対する意識を感じることもないので、わき目もふらずその目的達成に向かうことが可能であるという条件は、前述の中学以降の別学校と類似のものであると考えて良いでしょう。

 

また、中学以降のような生徒自身が行動するのではありませんが、保護者が学内に留まらず他の附属の家庭との交流を深めていく例も多く、幅広い層の家庭との交流を通じて人脈を増やせるというメリットがあります。


勿論、ミッション系附属でも別学ばかりでなく共学も存在します。そのどちらにもメリットとデメリットがあるのです。別学か共学かを保護者が迷い過ぎてしまっては、「異性からの影響以上の大きな学びを得る場所」という本質を見逃してしまいます。100%満足できる場所などどこにもないのです。

 

 

     麹町慶進会 塾長 島村 美輝


〒102-0084東京都千代田区二番町9-2日興ロイヤルパレスB1
     Tel 03-3265-7774 / Fax 03-3230-4737
                                          
      http://www.keishinkai.ne.jp/

関連記事

  1. 三歳児の発達診断テストを終えて、改めて大切にしたいと思う事。…

  2. 『平成30年度サマースクールのお申込み状況』

  3. 塾長セミナーで頂いた質問を振り返って。

  4. 11月3日(文化の日)今日も、成蹊、立教女学院、学習院、青山…

  5. 令和二年度幼・小受験準備 第三回塾長セミナー、早速のお申込…

  6. 小学校受験 年長クラス指導テーマ「相談」